岐阜 ブランド【枝豆】純国産【生きくらげ】栽培 直売 販売 | 國井農園公式ホームページ

純国産!!菌床 生きくらげ・白きくらげ・岐阜県産ブランド枝豆を栽培する先祖代々続く専業農家【國井農園】のホームページ!

TEL:09014116691

農園ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

岐阜産枝豆・作付け情報 | 岐阜 國井農園

岐阜産枝豆・作付け情報 | 岐阜 國井農園

岐阜県で栽培されている枝豆は、作付け面積約180ヘクタール。
全国で9番目(H.21)に出荷量があると言われています。

近年では高齢化で引退する農家さんもいますが、平均すると毎年1000トン前後が全国へと出荷されています。

ここ岐阜県は、東西に清流長良川が流れ、伊自良川、木曽川などきれいな川が分岐した水の都です。

長良川といえば鵜飼で有名な川で、そこでとれた鮎は日本一おいしいとも言われています。(馬瀬の鮎は日本一になりました)

美味しい枝豆が育つ理由にはきれいな水も欠かせませんが、周辺の環境にも影響します。

あまり都会すぎてもいけませんし、周りが工場だらけでもいけません。

岐阜枝豆の産地である、【島、則武、合渡、鷺山地区】ではこのような環境がそろっているので、昔から変わらずおいしい枝豆が育つのです。

 

【電話】 09014116691

【住所】岐阜市一日市場北町1-12

【ふぐ料理 板前割烹 くに井】

【くに井の大将ブログ】

【岐阜のグルメ情報屋さん】

トップページへ

 

3種類の枝豆とは!? | 岐阜 國井農園

三種類の枝豆とは!? | 岐阜 國井農園

岐阜産の枝豆と、他県の有名産地の枝豆はどう違うのでしょうか?

枝豆の中にはざっくりと分けて3種類の枝豆があります。
正確に言うと3種類の大豆です。

 

★まず一つ目は黒枝豆

黒枝豆は、黒大豆を未成熟の状態で収穫したものをいいます。

黒豆の主な産地は、北海道・兵庫県・京都府などです。
粒は3種類の中でも一番大粒で、うす黒い薄皮をかぶっています。

中でも丹波篠山産の丹波黒枝豆が有名です。

茹でるとほくほくとした食感で、まるで栗のような奥深い味わいをしています。

お節料理で食べる黒豆は、黒大豆を水でもどして炊いたものをいいます。

近年では、岐阜県内でも黒豆風の品種を育てる農家も増えてきております。

 

★2つ目に茶枝豆

一般的に茶豆として全国に流通しており、もっとも有名なものに山形原産のだだちゃ豆があります。

もう一つ有名なのが新潟の黒崎茶豆です。

こちらも大豆になる前の未成熟の状態で収穫したもので、薄茶褐色の薄皮をかぶっています。

他の枝豆と比べ、さやのくびれが深く、甘みとお茶のような風味を持ち合わせています。

枝豆界の中でも一番高級な枝豆です。

近年では、岐阜県内でも茶豆風の品種ゆあがり娘を育てる農家も増えてきております。

 

★3つ目に青枝豆

岐阜県産の枝豆は、こちらの青豆(白毛豆)の未成熟なものを収穫して出荷しています。

3種類の豆の中でも一番クセがなく、甘みとコクのバランスが良い枝豆です。

一般的な枝豆として全国的に出回っているのが青枝豆白毛豆です。

そして、市場で一番早く出回るのが岐阜県産・青枝豆です。

茹でると鮮やかなグリーンで、ぷりっぷりの食感が特徴です。

ずんだ餡は、この青枝豆を原料につくられています。(空豆も原料となります)

 

【電話】 09014116691

【住所】岐阜市一日市場北町1-12

【ふぐ料理 板前割烹 くに井】

【くに井の大将ブログ】

【岐阜のグルメ情報屋さん】

トップページへ

料亭仕込みの美味しい枝豆のゆでかた | 岐阜 國井農園

料亭仕込みの美味しい枝豆のゆでかた | 岐阜 國井農園

 

今回は、家庭でも簡単にできる、おいしい枝豆の茹で方のポイントを紹介します。

 

【準備するもの】

・鍋(深めで余裕のある大きめの鍋)

※できれば銅製の鍋のほうが熱の通りがいいので用意しましょう。

・鍋蓋(なべぶた)

・ボール1つ・ザル1つ

・水2リットル

・塩60グラム(塩もみ用を含む)

※今回は鮮度のいいものを前提に3%の塩分濃度でゆでます。

・枝豆適量(500グラム程度)

 

【枝豆の茹で方】

 

①鍋に分量の水(2リットル)と、塩約40グラムを入れ、強火にかけます。

②お湯を沸かしてる間に、枝豆を綺麗に洗います。

③枝豆を洗ったら、残りの塩(20グラム)を枝豆全体にまぶし、もみ込みます。

※そのまま10分程度置きます。(お湯が沸くまでの時間でOKです)

<ポイント>

●塩もみする前に枝豆の先端をハサミで切っておくと、塩分が枝豆の中に吸収され甘みが増します。

⑤ お湯がぶくぶくに沸いたら枝豆を塩付きのまま鍋へ入れます。

⑥枝豆を入れたら、蓋(ふた)をして3~4分ゆでます。

⑦3~4分経ったら、素早く枝豆をザルにあげます。

※ゆであがりにお好みで塩を全体にかけますと、相乗効果でより甘く枝豆が食べられます。

※塩のかけすぎにはご注意ください。時間が経つと辛いです。

⑧ゆであがった枝豆は粗熱(あらねつ)をとりながら風通しの良いところで冷まします。

できあがり!

★湯がきたても最高ですが、冷めてくるとより一層甘みが引き立っておいしいです。

生の枝豆を自宅の鍋でゆでて、こだわりの枝豆を是非作ってみてください!

 

【電話】 09014116691

【住所】岐阜市一日市場北町1-12

【ふぐ料理 板前割烹 くに井】

【くに井の大将ブログ】

【岐阜のグルメ情報屋さん】

トップページへ