岐阜 ブランド【枝豆】純国産【生きくらげ】栽培 直売 販売 | 國井農園公式ホームページ

岐阜 純国産菌床 生きくらげ 白きくらげの販売 直売・岐阜産 ブランド枝豆を栽培して55年の先祖代々続く専業農家【國井農園】の公式ホームページ!

TEL09014116691

岐阜きくらげ

●岐阜県 各務原イオン内にある生産者直売所【わくわく広場】に出店しています!

●岐阜県 各務原イオン内にある生産者直売所【わくわく広場】に出店しています!

つい先日の事ですが、各務原イオン内にある生産者直売スーパーでもある【わくわく広場】さんに出店させていただいています。

売り場も目立つところを用意してくださり、岐阜県では初となる【白いきくらげ】を出荷しております。

他に【おんさい広場】さんにも出店させていただいており、約1か月で白きくらげの知名度も徐々に上がってきております。

食べ方等迷われる方も多いと思いますが、最大の特徴はとても高い栄養価と、無味無臭なので、どんな料理にも使用できます。

シンプルに刻んでスープに入れると、ふかひれのような食感に!

飲むお酢に漬け込むだけで、美容のおやつにもなります。

きくらげは中国料理が定番なだけあって、餡かけに良く合います。

これから徐々におすすめの食べ方を紹介していきますので、ご期待ください。

 

【電話】 09014116691

【住所】岐阜市一日市場北町1-12

【ふぐ料理 板前割烹 くに井】

【くに井の大将ブログ】

【岐阜のグルメ情報屋さん】

トップページへ

岐阜で生きくらげを栽培・販売する農家【國井農園】についての紹介!

  • 岐阜で生きくらげを栽培・販売する農家【國井農園】についての紹介!

 

今回から生きくらげ栽培に関するブログを少しずつ書いていこうと思います。

本当はきくらげ事業の始めから書きたかったのですが、特殊な内容が含まれているので書けませんでした。

早速ですがきくらげとの出会いなどについて書いていきます。

私が生きくらげについて知ったのは約4年前の2014年です。

とある資料を目にしたとき直感的に、いつかやってみたいなと思いました。

きくらげ栽培を始めたのは2018年からではありますが、きくらげに関する知識は飲食店を経営しながら少しずつ勉強していました。

2017年当時飲食店のほうは順調に行っていましたが、農業のほうは食べていくのにギリギリの経営状態でした。

このままでは枝豆栽培もいずれやめないといけなくなると思い、きくらげ栽培に関する情報を捜し、偶然山口県の会社と出会いました。

ほんの1通の相談にも近いメールを送ったのがきっかけです。

そちらの会社の代表からすぐに返信があり、すぐに山口県へと話をしに伺いました。

その日のうちに栽培する事を決めました。

直感的に信頼できそうな気がしたからです。

本格的に栽培技術などの研修を受けたのは2017年からですが、日本一きくらげに詳しい方から学びましたので、栽培に関しては他所にも負けないくらい自信が付きました。

しかし、きくらげを栽培するためには栽培技術だけではなく、経営面も問われます。

それくらい売ることが難しい食材でもありますし、初期投資はそれなりにかかる作物でもあります。

近年流行だからと言ってすぐに飛びつくような作物ではないことは、言うまでもありません。

それくらい準備期間と栽培までに苦労する作物なのです。

私は全てクリアするためにコツコツと4年以上かかりました。

栽培しようと思ってから多少時間はかかりましたが、岐阜で一番のきくらげを作ろうと日々勉強しております。

そのために1日1日を大切に、きくらげ栽培と向き合っている状況です。

きくらげの表情は一日どころか半日で変わるので、そこがきくらげ栽培の魅力でもあります。

農業をしている限り、何事も真剣に考え、常に作物と向き合わないといい物は作れないなと、きくらげを通じて感じました!

 

 

●収穫したてのきくらげは肉厚でぷるぷる。

●その日のうちに素早く選別します。

●その後、市内の料亭さんや直売所、京都方面へと運ばれていきます。

日々このような感じで作業しています。

ご興味がありましたら是非お問い合わせください^^

 

【電話】 09014116691

【住所】岐阜市一日市場北町1-12

【ふぐ料理 板前割烹 くに井】

【くに井の大将ブログ】

【岐阜のグルメ情報屋さん】

トップページへ