岐阜 ブランド【枝豆】純国産【生きくらげ】栽培 直売 販売 | 國井農園公式ホームページ

純国産!!菌床 生きくらげ・白きくらげ・岐阜県産ブランド枝豆を栽培する先祖代々続く専業農家【國井農園】のホームページ!

TEL:09014116691

3種類の枝豆とは!? | 岐阜 國井農園

3種類の枝豆とは!? | 岐阜 國井農園

三種類の枝豆とは!? | 岐阜 國井農園

岐阜産の枝豆と、他県の有名産地の枝豆はどう違うのでしょうか?

枝豆の中にはざっくりと分けて3種類の枝豆があります。
正確に言うと3種類の大豆です。

 

★まず一つ目は黒枝豆

黒枝豆は、黒大豆を未成熟の状態で収穫したものをいいます。

黒豆の主な産地は、北海道・兵庫県・京都府などです。
粒は3種類の中でも一番大粒で、うす黒い薄皮をかぶっています。

中でも丹波篠山産の丹波黒枝豆が有名です。

茹でるとほくほくとした食感で、まるで栗のような奥深い味わいをしています。

お節料理で食べる黒豆は、黒大豆を水でもどして炊いたものをいいます。

近年では、岐阜県内でも黒豆風の品種を育てる農家も増えてきております。

 

★2つ目に茶枝豆

一般的に茶豆として全国に流通しており、もっとも有名なものに山形原産のだだちゃ豆があります。

もう一つ有名なのが新潟の黒崎茶豆です。

こちらも大豆になる前の未成熟の状態で収穫したもので、薄茶褐色の薄皮をかぶっています。

他の枝豆と比べ、さやのくびれが深く、甘みとお茶のような風味を持ち合わせています。

枝豆界の中でも一番高級な枝豆です。

近年では、岐阜県内でも茶豆風の品種ゆあがり娘を育てる農家も増えてきております。

 

★3つ目に青枝豆

岐阜県産の枝豆は、こちらの青豆(白毛豆)の未成熟なものを収穫して出荷しています。

3種類の豆の中でも一番クセがなく、甘みとコクのバランスが良い枝豆です。

一般的な枝豆として全国的に出回っているのが青枝豆白毛豆です。

そして、市場で一番早く出回るのが岐阜県産・青枝豆です。

茹でると鮮やかなグリーンで、ぷりっぷりの食感が特徴です。

ずんだ餡は、この青枝豆を原料につくられています。(空豆も原料となります)

 

【電話】 09014116691

【住所】岐阜市一日市場北町1-12

【ふぐ料理 板前割烹 くに井】

【くに井の大将ブログ】

【岐阜のグルメ情報屋さん】

トップページへ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です