岐阜 枝豆農園.com | 岐阜産えだまめブログ

岐阜で50年以上枝豆を育てている、専業農家のえだまめ農園ブログ!!

枝豆窓口
09014116691

料亭仕込みの美味しい枝豆のゆでかた | 岐阜枝豆.com

料亭仕込みの美味しい枝豆のゆでかた | 岐阜枝豆.com

料亭仕込みの、おいしい枝豆の茹で方!

 

今回は、家庭でも簡単にできる、おいしい枝豆の茹で方のポイントを紹介します。

 

【準備するもの】

・鍋(深めで余裕のある大きめの鍋)

※できれば銅製の鍋のほうが熱の通りがいいので用意しましょう。

・鍋蓋(なべぶた)

・ボール1つ・ザル1つ

・水2リットル

・塩60グラム(塩もみ用を含む)

※今回は鮮度のいいものを前提に3%の塩分濃度でゆでます。

・枝豆適量(500グラム程度)

 

【枝豆の茹で方】

 

①鍋に分量の水(2リットル)と、塩約40グラムを入れ、強火にかけます。

②お湯を沸かしてる間に、枝豆を綺麗に洗います。

③枝豆を洗ったら、残りの塩(20グラム)を枝豆全体にまぶし、もみ込みます。

※そのまま10分程度置きます。(お湯が沸くまでの時間でOKです)

<ポイント>

●塩もみする前に枝豆の先端をハサミで切っておくと、塩分が枝豆の中に吸収され甘みが増します。

⑤ お湯がぶくぶくに沸いたら枝豆を塩付きのまま鍋へ入れます。

⑥枝豆を入れたら、蓋(ふた)をして3~4分ゆでます。

⑦3~4分経ったら、素早く枝豆をザルにあげます。

※ゆであがりにお好みで塩を全体にかけますと、相乗効果でより甘く枝豆が食べられます。

※塩のかけすぎにはご注意ください。時間が経つと辛いです。

⑧ゆであがった枝豆は粗熱(あらねつ)をとりながら風通しの良いところで冷まします。

できあがり!

★湯がきたても最高ですが、冷めてくるとより一層甘みが引き立っておいしいです。

生の枝豆を自宅の鍋でゆでて、こだわりの枝豆を是非作ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です